++C++; // 未確認飛行 C ブログ

http://ufcpp.net/

Archive for 11月 2010

色々更新版出たらしい

leave a comment »

今月ずっと余裕がなく、結構長いことフィード未消化がたまっており・・・

あと、日本でも Windows Phone 7 の実機を入手て手にしてる人がちらほら出てきてて、ちょっとうらやましい。(自分は、予約は入れてあるんだけど入荷待ち状態。)

広告

Written by ufcpp

2010年11月18日 at 16:50

カテゴリー: .NET

MVVM 勉強会資料

leave a comment »

第60回codeseek勉強会・第2回日本C#ユーザー会勉強会、テーマ「MVVM パターン」の発表資料のリンク集です。

内容(敬称略、発表順):

スピーカー タイトル ダウンロード リンク
岩永 信之 (@ufcpp) なぜMVVMなのか

http://cid-5c622397e11c979d.office.live.com/view.aspx/ufcpp/%e5%8b%89%e5%bc%b7%e4%bc%9a%e8%b3%87%e6%96%99/%e3%81%aa%e3%81%9cMVVM%e3%81%aa%e3%81%ae%e3%81%8b.pptx

かるあ (@karuakun)

MVVM を使ったアプリケーション開発 -基本編-

http://karuakun.wordpress.com/2010/11/06/mvvm-%e3%82%92%e4%bd%bf%e3%81%a3%e3%81%9f-%e3%82%a2%e3%83%97%e3%83%aa%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e9%96%8b%e7%99%ba-%e5%9f%ba%e6%9c%ac%e7%b7%a8/

尾上 雅則 (@ugaya40) ViewModelからViewへのメッセージング手法

http://ugaya40.net/wpf/mvvm-study-resource.html

伊藤 達也 (@TatsuyaIto) T4 によるアプリケーション開発

http://blogs.bitlan.net/ito/?p=1256

 

ちゃんと csharp-users.jp ドメイン下にレポート ページを作りたいものの・・・完全に「あなたの『いずれ』はいつですか」状態。

Written by ufcpp

2010年11月12日 at 15:00

標準と革新

with 4 comments

なんか Silverlight に関していろいろ言われているようなので。

発端となる記事:

(少なくとも、後者(英語の原文の時点で)はタイトルがよくない・・・)

これの意味するところは:

  • 「標準ベース」で、ほんとに iPhone, Android 含め、単一のコードでクロスプラットフォームを目指すなら HTML5 を使ってほしい
  • 当面、Silverlight は Windows Phone 7 に注力
    • PC 版は「すでにある」ものなので、立ち位置としては、MS 製品内のクロスプラットフォーム
  • 結局のところ、iPhone でいうところの Obj-C、Android でいうところの Java と同じ立ち位置が Silverlight

という感じかと思います。

もう少し補足でいうと:

  • 開発リソースを HTML5 の方にさくのは、Silverlight は現時点で結構安定したという証
  • MS 技術内のクロスプラットフォーム(3 screens の中核)という位置づけは変わらない
    • 今、スマートフォンがホットな話題なので、iPhone, Android, WP7 間のクロスが話題になりがちで、この文脈だと 「HTML5 こそが真の、唯一のクロスプラットフォーム」と言われるのもしょうがなく
    • かといって、既存のデスクトップ アプリ資産と WP7 のクロスとなると、WPF/Silverlight の出番

Microsoft が HTML5 に本気なのも事実ですけども、Silverlight はなくならない。

「標準」と「革新」のトレードオフって書きましたが、つまるところ、誤解恐れず端的に言ってしまうなら、

標準っていうのは、「10年遅れくらいで、かつ、互換性に悩まされる(標準化漏れや対応遅れのバグフィックスまで含めれば10年どころではなく遅れる)のを覚悟の上でも、少しでも間口を広げたければどうぞ使ってください」というもの

だと思います。

UI(プレゼンテーション層)の標準化はほんとに大変なもので、そのくらいの遅れは覚悟しないと、標準とかは無理だと思います。UI に対する要求が高い場合、「iPhone は Objective-C で、Android は Java で、WP7 は Silverlight で、3重開発した方がマシかもしれない」ってレベル。

となると、ほんとのところ大切なのは、クライアント側の技術選定の前に、サーバー側を「サービス化」しておくことなんですよね。「UI まで含めて1つのシステム」みたいな作り方はダメで、任意のプログラムからサーバー上の機能を利用できる形で作って、UI はいつでも差し替えれるようにしておくべき。

Written by ufcpp

2010年11月1日 at 01:32