++C++; // 未確認飛行 C ブログ

http://ufcpp.net/

『僕は悪くない』

leave a comment »

長いこと、「新製品リリース」的なリンク集しか書いてないなぁ、このブログ。

ということで、久々の駄文。

久々に余裕ができたから、というわけではなく、確かに今週ちょっと余裕はできていたものの、なぜか気が付くと溶けてなくなっている余裕。

まあ、タイトルを見れば、最近何にというか、誰の作品にはまってこんな文章書いてるかは明白なんですが。猫かわいいよ猫

○○と××って一緒でしょ?

ええ、例えば、あの会社のあの言語と、あの会社に買われたあの会社のあの言語。

この言葉に関する僕個人の見解は、

同じものを違う人・会社が作ったら、そりゃ地力の差が出るよね。

スーパー戦隊シリーズ、あるいは、金曜ロードショーのルパンみたいなものです。同じ題材を、別の監督で。試金石、登竜門。ああ、あと、水戸黄門か(去年、シリーズ終了しちゃったんでしたっけ?)。

ええ、買われたあの会社に足りなかったのは長期プランと開発リソースです。ぶっちゃけ、お金です。そりゃ、差が出ます。

用途というか、目標というか、まあ、同じですわね。もっとも、会社のミッションが違うから、厳密に同じとはならないだろうけども、かなり近く。

一方で、結果は、ずいぶんと違いますよね。あっちの言語にも値型、ジェネリック(仮想マシン/メタデータ レベルの真の)、高階関数、型推論、データ処理、非同期とか入ればいいのに。

同じという意見もまあ正しければ、違うという意見も同様に正しい。

数学とか役に立たない

僕はいつも言っています。数学は科学を語る言葉だと。

そして、言葉には、役に立たない語彙は生じません。

たとえて言うと、肉食文化圏の言葉に、米と稲の区別は要らない。そして、やっぱり、その区別はない。逆に、肉食文化の国でしか、cow, bull, ox, beef, cattleなんて語彙の必要もなく。

(ちなみに、言語教育の分野では、文化も含めて覚えるべき派と、あくまで日本文化で語らってもいい派もあったはず。牛肉も全部cowと呼んだり、ことあるごとにsorryって言いまくる英語があってもいい。)

「数学が役に立たない」ってのは、そういうことだと思うんですよねぇ。必要な文化を持っていない。文化も含めて学ぶべきかどうかは今は置いておいて。

米食文化を持っていない国の言葉に、「米と稲の区別がなくて不便じゃないの?」とか尋ねる愚かしさ程度に、数学が役に立たないのも仕方がない。

米食を持つ国の言葉に、「英語にないのに、日本語にだけ稲って単語あっても仕方がなくない?」とか尋ねる愚かしさ程度に、数学は役に立つ。

役に立たないという意見もまあ正しければ、役に立つという意見も同様に正しい。

正しい

「どっちも自分が正しいと思っているよ。 戦争なんてそんなもんだよ。」

ドラえもんの言葉でしたっけ?

争う人の言葉って、いつでも、一人称視点。だから、正しさが定まって、別の正しさと争う。

僕みたいな人間は、いつも視点が三人称。一人称で語ってるように書いてても、ほんとは神視点。だから平気で言える、正しいことなんてないって。

一人称視点な人からすると、神視点な人は「まともに取り合ってくれない。上から目線だ」とか「正論で封殺してくる。傲慢だ」とか感じるようですが。

まあ、そんな話を全部台無しにするような言葉で締めましょうか。

どちらも正しいし、どちらも正しくない。それは正しい。

Written by ufcpp

2012年9月15日 @ 21:03

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。