++C++; // 未確認飛行 C ブログ

http://ufcpp.net/

Windows 8時代のGUI開発/Windows 8時代の.NET

with 2 comments

金曜日に、@ITで以下のような記事が公開されました。

そして、Silverlightを囲む会で以下のような発表をしてきました。

https://r.office.microsoft.com/r/rlidPowerPointEmbed?p1=1&p2=1&p3=SD5C622397E11C979D!3402&p4=&ak=!AFg49XomaSVgLM4&kip=1&authkey=!AFg49XomaSVgLM4

1万字程度の原稿に加えて、25分間のプレゼン発表って、何この学術発表スタイル。

公約数 VS プラットフォーム固有?

さて、お気づきかもしれませんが、実はこの話には落とし穴が一つありまして。公約数VSプラットフォーム固有という構図でお話しましたが、ここはほんとに対立すべきかという点。

原理的には、公約数な.NETがあってもいいと思うし、プラットフォーム固有なHTML5があってもいいはずなんです。それが、政治的な理由で分断されている。

プラットフォーム固有なら、Silverlightはまだまだ現役です。しかし、世の中の多くは公約数で十分というのも事実。

ギャップ問題

問題は、この2者の間に大きなギャップがあることなんですよねぇ。まさに、90年代のVB VS C++の構図そっくり。大半の案件はVBで十分だけど、あるラインを境にVBは破綻する。しかし、ギャップがある故にC++への移行はムリ。

開発者はVBの方が多く、案件も徐々にVBが増える。しかし、製作単価は据え置きで、破たんするラインを越えても同じ安いお値段で使われる。

そんな時代がありました。

製作単価安いから

そこに来て、こんなブログ記事もあるわけですよ。

比較項目の一番下、代理店の利益のところ。「製作単価が安いから」という理由で○が付いています。HTMLの方が開発者の単価安くてお得だと。つまるところ、ギャップを越えれない人を安く使う構図。破たんするライン(Canvas 使って高度なグラフィック表現してとか、WebGLを使って3D作ってとか)を超えてもお値段据え置きになりそうな恐怖。

時代はどこまでも繰り返すのか。

繰り返すのか…

かつて、VBを少しC++に寄せてC#を作ったように、HTML5をXAMLに寄せたような世界が来るんですかねぇ。

そしてそれは、標準ベースであり得るのか。

WinRTで、C++や.NETで作ったコンポーネントをJavaScriptから参照できるようにしてあるのは、1つの解決策ではあるんでしょうけども。

広告

Written by ufcpp

2011年12月3日 @ 14:06

カテゴリー: .NET, C#

Tagged with , ,

コメント / トラックバック2件

Subscribe to comments with RSS.

  1. スライドが現状認識に非常に参考になりました。
    ありがとうございます。

    しかし最後のほうにある「VBを少しC++に寄せてC#を作った」には反対!
    私の中ではC#(というかVisualStudio)の祖先はDelphiという認識なので
    C#(Visual Studio 2002から)はBorlandの技術大勝利なイメージです。

    kawawa

    2011年12月4日 at 01:15

  2. まあ、単一祖先ではないですからねぇ。
    それでいうと、ここでいう「HTML5の次」も、単一祖先ではありえないかもしれません。

    ufcpp

    2011年12月4日 at 04:51


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。