++C++; // 未確認飛行 C ブログ

http://ufcpp.net/

現状のスマートフォンやら WP7 に対してぼやき

leave a comment »

twitter でぼやいてた内容、ブログにもしとこうかと。

ケータイで大量に文章書くよ

まず、↑この記事曰く:

競合製品には備わっている重要な要素がいくつか欠けている。その中でも無視できないのが、コピー&ペーストがサポートされていないことだ。筆者は携帯電話で電子メールを頻繁に利用する。そのときに1つの電子メールから大量の文章をコピーして、それを別の電子メールに貼り付けることができれば便利だ。筆者は時折、「BlackBerry」で1本の記事を丸ごと執筆することがあるが、Windows Phone 7でそんなことはできない。

これ、結構僕もやるんですよねぇ、電子メールとかからのコピペ含め、それなりの記事を全部携帯電話で書いちゃうっての。例えば、「釣り記事書いたらほんとにホットエントリーになっちゃった」で有名な「僕が TeX を使うのを辞めた 10 の理由」は、ほんとに電車の中で、立ったまま、片手で全部打ったものです。それを家宛に送って、hatena 形式に整形&動画貼り付けだけして投稿。

あと、記事だけでなく、実は毎日日記付けてたり。ブログみたいなのじゃなくて、ほんとに公開しないプライベートなやつ。もうかれこれ10年近く、ほぼ全部ケータイで。だいたい、500~2,000文字くらいですかね、ファイルサイズからすると。大体これも電車の中で。

なので、文章打ちにくいとか、かなり死活問題。qwerty 配列とか、そりゃ PC のキーボードで、座って両手で、フォームポジションで打つものだから。それを親指だけで打つとか無理。というか、「立ったまま片手で」が満たされない限り、無理。

脱 qwerty

あと、ケータイにずっと期待していたのは、脱 qwerty だったんですけども、これだけスマートフォンに qwerty キーボードが載っちゃったら、もうそのチャンスはないですよねぇ。非常に残念。もはや、qwerty キーボードとか、人類の負の遺産だと思う。COBOL 並。

ちなみに、dvorak ならいいってもんではないですから。キーボードの時点でナチュラルじゃない感じが。

もちろん、じゃあ、手書きがいいかというと、タイピング慣れた人なら手書きよりも qwerty キーボードで打つ方が速いわけで。何か、もっと早く文字入力できるメディア出ないとダメでしょうねぇ、置き換えは。dvorak は慣れると速いって言いますけど、せいぜい数%でしょうしねぇ。数%じゃ置き換えは無理ですよね。

で、ケータイに限っていうなら、サイズの制限で qwerty キーボードでまともなスピード出ないわけですよ。親指だけで使うという制約上、どうやっても。その制約下なら、いくらでももっと早く打てる方法があるはず。自分なら、10キー使ってベル打ちが相当早いですし、iPhone のフリック入力とかはかなりいい感じだと思います。

特に日本語は、ほぼ子音と母音が交互に出て来る、というか、50音表みたいなきれいな文字分類がされてるわけで、ベル打ちの2タッチ入力ってかなり合理的なシステムだと思うんですけども。もちろん、日本語だけがターゲットだと市場狭すぎですけども、同じような考え方、韓国語とか中国語でも行けそうに思うんですよね。少なくとも、韓国語は日本語同様、子音1つ+母音1つですし(末尾に限り子音だけ部分がありますけど)。中国語も、声調の扱いだけクリアできればいけないかなぁ。

触覚

ずっと昔から繰り返し言ってることですけども、タイピングは目で見てやるものじゃなくて、触覚使ってやるもんなんですよね。ボタンに触れてるというフィードバックがないとちょいきつい。てか、タッチタイピングできる人ならわかると思いますけど、目は、出てきた文字の方見てないと打てないでしょう。

で、ちょっと期待したいのが↓これ。

記事中ではエロい方向に妄想膨らむような紹介のされかたですけども、そんなのじゃなくてまずタイピングだろうと。

特に、これ、やりようによっては「触覚フィードバック付きのフリック入力」とか作れるんじゃね?という淡い期待が。ぽっちをぐにぐに動かすことでタイピング。結構いい具合にタイピングできる気がするんですけども。

そして WP7

ローンチ時には qwerty キーボード搭載機が多そう?スクリーン キーボードは qwerty のみ?スクリーン キーボードのカスタマイズ不可?

うーん。

業務端末としての WP7

そんな感じで、まあ、出た直後はまだまだプライベートの利用はきついかなぁと思うものの(でも人柱として買っちゃいそう)、業務端末としては期待されてるんじゃないかなぁという感じも。ハンディ端末の類。

実際、最近、Android や iPhone はおろか、Nintendo DS 使った業務アプリ結構増えてるって聞きます。というのも、専用のハンディ端末作るくらいなら、DS のハードウェアのお値段考えると、多少ソフトウェア開発に金かけても十分安くなってしまい。あと、ゲーム会社の持ってる UI 的なノウハウを使って、端末の UX 高められないかという発想も当然あり。

そこで、WP7 で Silverlight ですよ。UX!UX!UX!(大事なことなので3回叫びました。)PC 向けとハンディ端末向けで2重開発の苦が軽減されるのもポイント。

広告

Written by ufcpp

2010年9月11日 @ 16:00

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。