++C++; // 未確認飛行 C ブログ

http://ufcpp.net/

DSL の行く先 (2) – 意外とそう遠くないかも

leave a comment »

Code-Enabled

昨日の記事の「非開発者向け」って言葉は言い過ぎかなぁとか思ってたら、以下のような記事が。

「Code-Enabled な人」って表現がいいのか。Coder(コード書くこと自体がお仕事)じゃなくて、何らかの製品の設計を担うプロフェッショナルで、コード読んだりコピペしてくるくらいにはコーディングに精通してる人。それが LightSwitch の真の顧客だと。

でも、LightSwitch みたいなお手軽開発ツールはいろんな層の人の支援になるんじゃないかとも思ったり。

  • Code-Enabled な人が動くアプリを直接自分で書けるように
  • Coder な人も簡単に設計フェイズを行えるように
  • アプリ利用者側もある程度読み書きできるように
    • 委託して作ってもらったものの良し悪しをある程度分かるように
    • 委託先と保守契約で喧嘩別れしたって、新たに保守の引き継ぎなりアプリのリプレースなり請け負ってくれる別業者見つかるまでの間くらいは自前でつないでいけるように

DSL 理想像

上記の話と一緒に、以下のようなもののフィードで見かける。

曰く、「ものすごく誤解を招きかねない要約として、『WFの競合技術』だと理解した!」。確かにそうだなぁと思う反面、以下のようなことも思ったり。

  • シーケンシャルの処理はテキストベースで書ける方がありがたいけど、分岐とか反復のフロー入るとちょっと・・・
  • でも、テキストベースで書いたものが視覚化されるとか、視覚的にデザインしたものの対応するコードが見れるとうれしいかも
  • ん?そういや昔そんな話あったなぁ・・・

というので、以下のような pptx 資料作成。

昔は結構絵空事な感じはあったものの、今ならできるかもなぁ。.NET が次期バージョンでメタプログラミングな方向性模索してるのと、Visual Studio に MEF みたいな拡張機構が備わったので。XAML とか EDMX とかある程度 DSL として成功しているものもあるし、T4 テンプレートみたいなメタプログラミング的環境も出てることだし。

広告

Written by ufcpp

2010年8月8日 @ 06:39

カテゴリー: .NET

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。