++C++; // 未確認飛行 C ブログ

http://ufcpp.net/

Windows Phone 7 は 3D ゲーム対応

leave a comment »

打倒iPhoneの秘策! マイクロソフトXNA Game Studio 4.0がWindows Phone 7 Seriesに対応

以下、要点と感想。

  • PC, XBOX 360, Windows Phone で同じ開発環境使ってゲームが作れる
    • Silverlight も同じ戦略だろうから、RIA 的なものも同様
    • XNA の場合、完全に同じコードで 3 Screens で動かすってのはちょっと無理かも
      • 「ソースコードの大部分を共有」くらいになるはず
  • XNA にせよ Silverlight にせよ、開発は C#
    • ゲーム業界、C++ で疲弊気味な感じするし
  • 携帯電話で 3D
    • 前々から噂はあったものの、実際に絵を見るとびっくりするなぁ、3D
    • デモの絵を見た感じ、PSP とか Wii くらいの 3D は出てそう

ひょっとしたら、噂に聞こえてきてる任天堂の次世代機(仮称 DS 2?)が最後の C++ ゲームプラットフォームになるかもなぁ、とか思ったり。

追記(3/13)

「C++はDS2で最後か?」みたいな話を書いたその日の夜に、こんな求人を見かける↓。

文面見る限り、たぶん、レベルとか UI のエディターってところですかね。(ここでいうレベルってのは、ゲームステージのこと。マップとか、どこにどういうキャラ配置するかとか。)

この業界、ゲーム本体の開発は C++ なんですが、関連ツールの作成は結構もう、C# とか使われているようです。すごいのだと、PowerPoint で UI 作って、それをゲームから読める形式に変換する Office プラグインを C# で作ってる会社もあったりするくらい。

開発に使うマシンはたいてい Windows なんで、割と自然な話。ゲーム機の SDK が Windows XP でないと動かないとか、Cygwin 必須とか散々な状態ではありますが、Linux で開発する人あんまりいない感じ。

ゲーム自体が C++ なんで、ひょっとすると、「C++ で書かれた 3D グラフィックエンジンの .NET ラッパーを作って、WPF の中で表示できるようにしろ」とか言われそう。結構苦労するかも。.NET のネイティブ相互運用って、関数たたくだけのものなら楽ですけど、ネイティブ側で定義されたツリー状のオブジェクトグラフに .NET 側からアクセスするのとか大変なんで。ネイティブ側が COM とかになってればまだいいんですけども、効率優先で素の構造体になってると思うし。

淡い期待としては、ゲームエンジン自体もマネージドになってたりするとうれしいんですけどねぇ。例えば:

  • ブラウザーゲーム市場狙ってて Silverlight 対応考えてたり
    • マルチタッチとかウェブカメラ対応とか、次世代ゲームって感じがするし
  • 速度的にシビアなところはやっぱり C++ で書くかもしれないけども、メニューとかの UI は XAML 読めるようにしたいとか
  • Windows Phone 7 Series 含む 3 screens and a cloud 狙いで Xna とか

リスク分散のために色々やってみてる会社なんで(iPhone アプリも出してるし、ウェブで仮想空間系サービスもやってたりするし)、市場に芽があって、ゲーム開発者が楽できる算段ついてるならやるかも。

Written by ufcpp

2010年3月12日 @ 01:03

カテゴリー: .NET

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。