++C++; // 未確認飛行 C ブログ

http://ufcpp.net/

最近、MS Equation Editor にどっぷり

leave a comment »

まだ微妙に書きかけですが、最近このようなものを書いています。

ということで、久々にはてなの方にブログ書いた。たぶん、こっちで似たようなこと書いても「うん、そうだよね」って言う人ばっかりだと思うんで、あえてアウェイなあっちで。

はてなっぽいノリで書いてたつもりが、気が付いたら英文を和訳したような文体に。「私が○○した○つの理由」テンプレにのっとって書こうとしたけど、3つしか理由が並べられなかった辺りがぬるい。ぬるすぎる。

追記:

「ほってんとりってこんなノリよね?」とか悪ふざけなノリではてなにブログ書いたらほんとに人気記事に入っちゃって申し訳ない気分でいっぱい。

なんかもう、オタ的に例えると「日和って東方の同人誌描いたら普段の何倍も売れちゃったんだ」みたいな気分。

こんなことならちゃんと○○の理由、10個くらいでっちあげとけばよかったなぁ。同僚からは「話半分でもっといい加減なこと書かないと! Word はかっこいいとか、Word には culture があるとか、もっと信仰心こめて!」とたしなめられたり。ほんとごめんなさい。

その後:

はてぶのコメントさらりと見てみた。

  • とりあえず、話題にすること自体が目的だったんで、それは達成されたようで満足。
    • ちなみに、話題にしたかった理由は、数式の Unicode 行形式入力が案外気に入ったから。
    • ただ、これだけ話題になる = TeX ってまだまだ根強いんだなぁって改めて思った。
  • 「タイトルからして煽ってるなぁ」って突っ込んでくれた人とは気が合うかもw
  • TeX を「書いてて楽しい」とか「プログラミングの延長」とか「俺理系してる感がいい」とか言ってる人はちょっと怖い
    • 手段が目的と化してる。
    • いまどきは、プログラミングですら GUI で RAD ありきで考えた方がいいのに・・・
  • あとはなぁ・・・
    • 国際化対応の具合とか、SharePoint と連携、グループ文書・サブ文書辺りの話拡充して、ちゃんと10の理由にするか?
    • で、「前回書いた3つの理由がこれだけ話題になるってことは、ほんとにみんな TeX を使っているんだね?僕は悲しいよ。」とかいう煽りから始める。

数式エディターに関して補足

ちなみに、Word 2007 以降の数式入力を見て「TeX にしか見えない」って言ってる人がいますが、まあ、正解ではないかと。実際、あれはかなり LaTeX を研究して作られてるみたいです。∞ 記号が infty な辺り、ある意味、微妙なところまで LaTeX を参考にし過ぎ。

から始まる ASCII 文字列は残らない

ただ、LaTeX っぽい記述を、対応する Unicode 文字に変換してしまうところが実はポイント。元の ASCII テキストが残らないのを嫌う人もいるとは思いますが、alpha/beta よりは α/β の方が、行形式の可読性高いよねという。大元の発想は、「TeX って Unicode 文字使って書き直したら可読性高くなるんじゃね?」ということらしいです。

alpha を α に変換する処理は、数式エディターの機能というか、実は Office のオートコレクト機能だったりします。ユーザーフォルダー以下にある、 "AppDataRoamingMicrosoftOfficeMSO0127.acl" を見てみるといいですよ。acl = Auto Correct List。これの中に変換される文字一覧が入っています。

ヒューリスティック

あと、LaTeX だと厳密に {} 指定しないといけないのが結構面倒なんですよね。Word のは、経験則に則って、() を省略した時の挙動が文脈で変わるようにできてて、それが(余計なお世話と感じるかもしれないけど)慣れると案外気持ちよく数式書けるようになります。

∫の後ろの () は消えなくて、/ の前後の () は消える。それは、実際に数式を書くとき、そう書くことが多いから。

リアルタイムレンダリング

あと、やっぱり一番大きいのはこれですかね。打ってるそばから変換されていくところ。書いてるところと表示されてるところが離れてると、なんだかんだ言ってストレスですからねぇ。

おまけ:手書き

ちなみに、Windows 7 ならこんなのも使えますよ↓。

http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows7/Use-Math-Input-Panel-to-write-and-correct-math-equations

Word の数式は MathML のコピペに対応してるので、こいつ使って Word に数式を送ることもできます。

広告

Written by ufcpp

2010年2月16日 @ 16:37

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。