++C++; // 未確認飛行 C ブログ

http://ufcpp.net/

pptプレゼン化

with 2 comments

++C++;C#によるプログラミング入門にもっと図を増やしたいなぁとか、要点まとめたいなぁとか、言語を教えるっていうよりは先にプログラミングモデルを教えるべきだよなぁとか、少々思うところあるわけですが。

ということで、以下のようなスライドを作ってみた。

文法云々じゃなくて、その文法の裏にある思想とかプログラミングモデルってのが見えるといいなぁと。

まあ、まだ構造化プログラミング辺りまでしかいってないんで、本番のOOPとか並列処理とかLINQとか、本番はまだまだ先ですが。

問題は、どうやって ++C++; の方に組み込もう。1枚1枚画像にしてページに張るのも面倒だし。Silverlight に変換して up ってのも考えたけど、pptx2silverlight使ってみたらエラー起こしたし。砂金さんみたいにDeepZoomPix使うのも考えたけど、手動で画像化する手間かかるし。SlideShareかなぁ、スライドの解像度落ちるのとか、Flashなのとかが嫌なんだけど。Office Web App が Silverlight で SlideShare のブログ貼り付け機能的なものを実装してくれないかなぁ。

広告

Written by ufcpp

2009年10月18日 @ 12:31

カテゴリー: C#

コメント / トラックバック2件

Subscribe to comments with RSS.

  1. 以前似たようなことを考えて、PowerPointから名前を付けて保存でPNGにエクスポートして、Silverlightで表示したことがあります。参考までに置いておきます。http://cid-fb45e1f8ce8b532e.skydrive.live.com/self.aspx/.Public/Others/Slide.zip

    7shi

    2009年10月19日 at 03:23

  2. やっぱ似たようなこと考えますかw画像がベクター形式になって、ppt to silverlight が自動化できるといいんですけどね。スライドショー用の Silverlight の部分を使い回せばだいぶ楽そうではありますね。

    信之

    2009年10月19日 at 23:45


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。